スウェーデンのHigh energy rockn' roll バンド、MARVELの公認情報日本語版。MARVELコミックの情報ではないです。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ツアーブログ:Day8 | main | ツアーブログ:Day10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ツアーブログ:Day9
どうも。
今日気がついたんですが、ツアーブログ内での日付と曜日が一致していない。。。
しかし、原文ママなので私責ではありませんw

ということで、今回も行ってみましょう!
の前に!昨日もチョロっと書きましたが、
Pledgeミュージックキャンペーンが1月いっぱいに伸びました!
チョロっと書く事では無い気がしたので太字でもう一回書いておきます。はい。
では行きましょう。
現物はこちら

11月21日(土)

マルメはロックをお勉強した!
近くの工事現場から流れ来るKBにEddie Meduza(注:スウェーデンのミュージシャンらしい)の曲とともにKBに到着。
筋金入りのファン達はロックヒーローに会うチャンスを伺うべく既に列を作っていた。
ドレゲンのスタッフの皆さんにご挨拶。
フレッドとのサウンドチェックはイチゴミルク・シェイクのようにスムーズで夜に向けて準備万端となる。
Mary’s Kidsは夜のゴーセンバーグを漂ってから遅い入り。

魚が行ったり来たりしていた。(注:すいません。これFish came and wentって書いてあったんですけど特別な意味あります?)

早めに開場し、我々は20:20に熱いファンの前に登場。
マルメは見るからにロックに飢えている感じだったので我々は新旧程よく織りまぜて演奏した。
最前列の女の子達はノリノリでキングさんの前で乳を揉みだし、キングさんは歌詞がメチャメチャになった。
乳を揉んでいないお客さんもいました。我々のお友達のDavid KennbergとDan the Hypnotist (元GBG Wrestlingのメンバーで“I Wanna Know You”のビデオに出演)
来てくれてありがとう!
それからピーター・クリス(KISS)の12月のお誕生日に開始されるSuzies 1 year t-shirt projectに寄付をしました。
Instagramのハッシュタグ#suztpro1yrをチェックしてくれよ。
ドレゲンのライブの後、ドレゲンとスタッフの皆さんとケーキを食べました。
今日で最後のMary’s Kidsにご挨拶をする。
それから我らのお抱えドライバーこと、ザ・リトルが運転席に。
我々も乗り込み、午前1時、オスロへと出発した。
おやすみ。そして素晴らしい夜をありがとうマルメ!

ーマーベル


※)このツアーブログはSoul Sellerマガジンさんに掲載された原文を雰囲気を伝えるために私の勘で訳して転載した物です。
| ツアーブログを拾い読んでみる | 06:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:33 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
NOTICE

This is the unofficial MÄRVEL's information blog in Japanese. If you want to say something to me, please write a comment anywhere.If you want to know what I write, refer to the blog posted August 25, 2008. Here

 /2plus3

METALHEAD

おっきい画面で見たい人は、オリジナルのサイトをみるといい。
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SPONSORED LINKS