スウェーデンのHigh energy rockn' roll バンド、MARVELの公認情報日本語版。MARVELコミックの情報ではないです。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ドレゲンのサポートアクトツアーの動画公開される | main | ツアーブログ:Day7 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ツアーブログ:Day6
さて、まだまだ半分です。
がんばって行きたいと思います。
今回はパパ・ベアーさん談です。



11月16日(土)
ストックホルムのTyrolでのライブの後1日休暇を挟んでマーベル本部より出発。まず、バスにちょっと手を加えた。
バスはなんかちょっと古風に:今、冷蔵庫はでっかいフランケンシュタインみたいなスイッチがついてます。
ドライバーのロバンと彼の友達のロバンを拾ってスウェーデンのバイブル・ベルトへとロックをお見舞いにゴー。
バスの中でテンション上がって、冗談で今日はBussy(ツアーバスの事。念のため)はどんなドラマを産んでくれるんだろうねえ。
なんてことを言っていたら数分後、Bussyは産んでくれました。
雨の中、ヨンシューッピンに近づいた頃、フロントガラス(多分)のワイパーが壊れた。
ちょっと止まってササッと直す。問題解決。
一時間後、Denim & Leatherの裏のドレゲンのツアーバス“Svarta Faran”の後ろにバスを停めて、いつも通り物販の準備とサウンドチェック、そしてお食事。

この会場は最初はfussball(※何ですか?これ。サッカーですか?)のせいでちょっと空いてたけど、マーベルさんがステージに上がった頃お客さんが増えだし、ステージが終わる頃にはドレゲンのために十分暖めておきました。
物販ブースでマーベルさんの大ファンと会ったり、Tomas Lundström (GAFFA)さんとちょっとお話をしたり。
ちょっとして、マーベルさんは温泉をホテルの近くに発見。マーベルさんは入浴写真をパパ・ベアーさんにもファンにもお見せする事はできないよ。
とのこと。女子ファンのみんなごめんよ。

午前3時頃やっと就寝。そしてコーヒーとskogaholmslimpa(※スウェーデンの普通のパン)で起床。再びロードへと戻り、コペンハーゲンを目指すのでした。

※)このツアーブログはSoul Sellerマガジンさんに掲載された原文を雰囲気を伝えるために私の勘で訳して転載した物です。

何度も言うようですが、Pledgeあと1週間ですよ!新曲また公開になってますよ!

ではみなさま、メリクリ。
God jul.
| ツアーブログを拾い読んでみる | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
NOTICE

This is the unofficial MÄRVEL's information blog in Japanese. If you want to say something to me, please write a comment anywhere.If you want to know what I write, refer to the blog posted August 25, 2008. Here

 /2plus3

METALHEAD

おっきい画面で見たい人は、オリジナルのサイトをみるといい。
LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
SPONSORED LINKS